新亜光学工業株式会社の画期的な開発や発明

ステップアイリスの開発について

ステップアイリスとは、カメラ撮影をする際に重要な光量調節をデジタルでコントロールするという画期的な部品です。光量は被写体のカメラ映りを左右する重要なエッセンスです。プロのカメラマンの腕は光量をいかに扱うかで決まってくるというほどなのです。恐らく誰にでも、逆光で撮影した結果、被写体が反射してしまい、表情が真っ暗で見えなくなって満足行く写真が撮れなかった、という経験があると思います。

光量が多すぎると被写体は背景に負けてしまって主役にならない写真になってしまいますし、光量が少ないと背景も被写体もぼやけて暗い写真になってしまいます。つまりプロのカメラマンは、被写体と光量がベストなバランスになる瞬間を狙ったり作ったりして撮影に挑むのです。しかし、普段カメラの技術や知識についてそれほど持っていない私たちのようなアマチュアや初心者に、同じことをしろ、と言われてもやはりそれは無理な芸当ですよね。それをデジタルで補ってくれるのが、ステップアイリスです。これは新亜光学工業株式会社が特許を取得している技術になります。

小型のシャッターユニットのメリット

新亜光学工業株式会社は小型軽量のシャッターユニットに関しては、これを発明したということで業界の第一人者と言って良いでしょう。一昔前までシャッターユニットは、手動式で重く扱いが難しいものが主流でした。それらはプロの現場ではよく使われ、代表的な例で言うと、報道カメラマンはこのシャッターユニットをいかに早く扱えるが勝負でした。

しかし、今私たちが扱っているデジタル式のカメラのシャッターは、小型で扱いやすいものとなっています。そのおかげで、短い瞬間を何百枚にも渡って撮影することが、プロではない私たちにも可能になっています。更に新亜光学工業株式会社ではデジタルでコントロールできるシャッターユニットの開発にも力を入れています。その技術を利用することで、何百枚もの写真の中からベストな写真だけを選べるようになります。素人でも上手く写真が取れるのは、これらの技術のおかげだと言うことを知っている方は、残念ながらそう多くはいないかもしれません。

この記事をシェアする
TOPへ戻る