様々な場面で使用される新亜光学工業のカメラ部品

増加するカメラの需要

一昔前ではカメラは一眼レフのような大きく高価な物しか存在しておらず、職業や趣味、特殊な状況下でなければ使用する機会がありませんでした。
しかし、インスタントカメラの登場でカメラを常備することに抵抗がなくなり、そして近年スマートフォンで写真や動画撮影を行なう人が急増し、カメラは私たちの生活になくてはならない存在と変化していきました。

一般的に使用するカメラの需要も増えましたが、特殊なカメラの需要も急増しています。
小型化や軽量化が進んだことでどこでも簡単に設置できるようになったため、監視カメラやドライブレコーダーなど、身の安全を守るためのカメラを設置する人が多くなったのも特徴です。

新亜光学工業の技術は特にカメラに専門的であり、様々な場面で使用され生活を支えてくれています。
簡単に撮影ができるようになりましたが、カメラに使用される技術は繊細で高度なものが多く、開発者の努力があってこそ我々は便利な生活を送ることができているのです。

カメラを支えるその他の製品

新亜光学工業ではカメラで鮮明に撮影できるように様々な製品開発も盛んに行われています。
光を自動で調節し、どんな時間帯でも綺麗な撮影を行なえるオートアイリス機能は監視カメラにも使用され、多くの場面で活躍しています。
独自のシステム開発で特許も取っていることから、その高い技術が伺えます。

ステップアイリスはオートアイリスからさらに技術が向上し、ネットワークでシステム構築ができるようになりました。
監視カメラでの分野でより重宝され、多くの場面で役立っています。

また、新亜光学工業はレンズや調節機能の部品以外にも多くの製品を開発しています。
カメラを接続するために必要なケーブルもその一つです。
通常のUSBケーブルやCSケーブルの他にも、海底で使えるケーブルも製造しており、様々な場所で使用することを想定して開発をしていることが分かります。

レンズ機能だけでなく、カメラに使用する部品の開発にも余念がないことが新亜光学工業が多くの企業に信頼されている証でもあります。
顧客が何を求めているかを考えて開発していることがこの会社の大きな強みなのです。

この記事をシェアする
TOPへ戻る