新亜光学工業が支えている新亜光学無しでは語れないカメラ部品

知る人ぞ知るカメラの心臓部を手がける会社

こうしたデジタルカメラの現状ですがまだまだ需要そのものは多くあり、しっかり以前通りにデジタルカメラを作っている会社は製品を出し続けています。
そんな中これはほとんど知られていない話なのですが、デジタルカメラの心臓部を手がける会社が最も重要な存在として各メーカーから絶大な信頼を寄せられているのをご存知の方は業界人を除きほとんどいないことでしょう。
会社の名前を新亜光学工業といい、一般向けカメラの部品から業務用カメラの部品まで光学製品に特化したメーカーです。
特に特許を持っている光量調節装置の存在はデジタルカメラにとっては物凄く大きくこれなしではデジタルカメラは成立しないといわれているほどの発明となっています。

新亜光学工業というカメラに欠かせない会社

そのほかにも新亜光学工業はカメラのレンズ鏡筒の製造やこれまた心臓部となるシャッターユニット、最新技術では光量調節装置をデジタル制御可能にしたステップアイリスなど画期的な部品を多数開発しておりもはや新亜光学工業の名前なくしてはデジタルカメラ部品は語ることが出来ないといわれているほどです。
創立は20年ほど前と決して老舗ではありませんが、その高い技術力と創造性で新亜光学工業なくしてカメラなしという地位までを確立しています。
とくにデジタルカメラの分野に関しては小型軽量なシャッターユニットの発明や特許を取得している光量調節装置などのデジタルカメラのまさに心臓部といわれる部品で確固たる地位を確立しているのでもはや個々なしではどのメーカーもデジタルカメラを完成させることが出来ないのです。
この新亜光学工業という会社がデジタルカメラの世界を牽引していることをもっと世間に知ってもらいたいものです。

この記事をシェアする
TOPへ戻る