カメラの部品は新亜光学工業の力なしでは語ることが出来ない

最近はスマートフォンが多いけど肝心なときはヤッパリカメラ

最近はスマートフォンがすっかり主流になってしまってメールやアプリの発達でほとんど日常生活はスマーとフォンで用が足りる世の中になってしまったし、カメラで写真を撮るのもほとんどがスマートフォンで撮る時代になっているk何時がしますが、それでもいざというときは大事な写真はヤッパリきちんとしたデジタルカメラで撮りたいものですよね。
ヤッパリ画面はスマホの方がきれいだけどプリントするとその差は明らかに違いますね。
色のきれいさが抜群に良い感じがします。
そのデジタルカメラですが、十年前くらいの売れ行きはものすごいものがあって、たいてい誰か一台はデジタルカメラ持っていたと思います。
現在はスマートフォンにお株を奪われてそうでもなくなってしまったけれど、重要な写真はきちんとしたカメラでという人はまだまだ多いと感じます。
さて、一般の人はほとんど知らないと思いますが、そのデジタルカメラ、日本のある企業の部品なしでは作ることができないほどのクォリティを誇っている会社があるはご存知でしょうか。
その名前を新亜光学工業といい、デジタルカメラの心臓部に当たるシャッター部品や光量調節ユニットの生産でその道では知らない人のいないほど有名なメーカーなのです。
特にカメラの入射光量を調節する部品はこの会社が特許を持っており、これなしではカメラは成り立たないといわれる重要部品なのです。
新亜光学工業なしではカメラの部品は語れないといわれているぐらいなのです。
このサイトではこの新亜光学工業がいかに凄い会社なのかを詳しく調べてみたいと思います

新亜光学工業の存在無しでは語ることの出来ないカメラ部品

最近はスマートフォンの性能が凄くてほとんどの人は日常はスマートフォンで写真を撮っているのかと思いますが肝心なときとか大事な行事の時はヤッパリちゃんとしたデジタルカメラで撮りたいものですね。 実際比べるとプリントしたときの色の綺麗さがやっぱり違いますね。

デジタルカメラは一時期ほどではないけどヤッパリみんな持ってる

ここ10年ちょっと前のデジタルカメラの売れ行きは物凄いものがあり、誰でもデジタルカメラは持っていた時期がありました。 現在は一般的にはみんなスマートフォンで撮影するようになったけれども、プロの世界ではすべてがデジタルカメラになってしまいました。

新亜光学工業が支えている新亜光学無しでは語れないカメラ部品

カメラというものはあの小さな本体に本当に緻密な部品が沢山入っており、すべても部品が機能して初めて写真が撮れる様になっているのです。その心臓部ともいえるのがシャッター部品に直結しているレンズユニットの存在です。 これを開発、製造しているのが新亜光学工業という会社なのはご存知の方は少ないでしょう。

TOPへ戻る